ホワイトペーパー

【スタンフォード大学事例】プレゼンテーションの録画・編集・共有による、より効率的な情報活用法とは?低コストで実現可能な新時代のコミュニケーション

テックスミス株式会社 2010年02月09日

情報を素早く、正確かつ魅力的に伝える手段として、動画が活用されるようになっています。動画の利用はプライベート趣味の範囲から、企業PRやアカデミック向けのコンテンツの分野まで広がり、コミュニケーションツールとしての役割が見直されています。

テックスミス社が提供するCamtasia Studio (カムタジア スタジオ)はパソコン画面を録画、プレゼンなどライブで録画することができます。動画作成に関する高い知識やスキルがなくても利用できるため、その用途は無限に広がります。

本事例では、スタンフォード大学での利用方法を例にあげ、企業やアカデミック現場でどのように動画を作成、活用できるかを探ります。
プレゼンやトレーニングの内容をコストをあまりかけずに作成、効率的に共有したいとお悩みの方、営業プレゼン・オンライン教材・WEBブログコンテンツの作成の現場でお悩みの方への良いヒントになります。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]