ホワイトペーパー

仮想化のメリット・デメリット 仮想化効果を最大化する3つのポイント

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2011年03月08日

仮想化導入については「コスト削減」の期待がある一方で、運用管理が難しいといった不安も存在します。本資料では、仮想化の効果を最大化する3つのポイントを、以下の内容とともに解説しています。

・仮想化導入時に考慮すべきこと
  仮想化のメリット・デメリット。仮想化の効果を最大化する3つのポイント

・モデルケース 〜仮想環境への移行〜
  サーバ800台を300台に集約した、システム移行事例

・サーバ集約時の落とし穴
  仮想環境で起こりがちな、メモリ増大に伴なう性能劣化

本資料で、仮想化効果を最大化するための各ポイントをご一読ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]