ホワイトペーパー

高速バッチ処理のメリット、適用範囲、ユースケース--プライベートクラウド適用例も

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2011年06月15日

昨今、バッチ処理の肥大化が問題化しており、バッチ業務への負荷と時間が増加する傾向にあります。もし、処理のピーク日に夜間バッチが間に合わなければ、業務における甚大な支障にもつながりかねません。

日立が提供する次世代基幹システム向けの高速バッチ基盤「グリッドバッチ」は、バッチ処理高速化の根強いニーズに答えながらデータ量の増大にも対応、IT投資の削減・適正化も可能なソリューションです。基幹系システム向けにも対応可能な高い信頼性、可用性を確保することが可能です。

本資料では、グリッドバッチの機能と構成の詳細ほか、適する業務やユースケースを紹介します。プライベートクラウドでの適用例や、オープンソースHadoopとの関係などもご覧いただけます。

※アンケートのメールニュース配信をご希望頂いた方の中から抽選で10名様に、日立オリジナルグッズを差し上げます!

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]