ホワイトペーパー

Hadoopとミドルウェアによる大量データのアセスメントサービス

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2011年06月15日

大量データを短時間/リアルタイムに処理すれば、新しい価値が生まれます。電子商取引、電子マネーやICカードの普及、RFIDによる物流管理、センサ技術の発展などといった社会インフラの変化が、いまデータ量の飛躍的な増加を生み出しています。

大量データを活用した新しい業務やサービスが日々出現する一方で、

「社内にデータが大量にストックされているのに、うまく活用できない」
「データ処理の新技術がたくさん出ているのに、どの技術を採用すればいいかわからない」
「データ解析を試してみたいが、実証実験をおこなう場所や環境が無い」

といった声があるのも事実。

日立が提供する、HadoopおよびCosminexusを活用した大量データ分散処理のアセスメントサービスは、こうした課題に対応します。大量データ分散処理システムの例としては、Hadoopを活用したログ分析システム、グリッドバッチによる基幹バッチシステム、ストリームによるウェブシステム稼動監視などを紹介しています。

※アンケートのメールニュース配信をご希望頂いた方の中から抽選で10名様に、日立オリジナルグッズを差し上げます!

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)