ホワイトペーパー

66%が個人データの利用方法を懸念、企業が機密データ保護に取り組むべき理由

日本プルーフポイント株式会社 2022-09-09

米Deloitteが消費者を対象に実施した最近の調査で、企業が個人データをどう使うのか心配だとする回答が66%に上った。世界の企業、法律家、サイバーセキュリティのリーダーがこうしたデータプライバシーの課題に対処する中、機密データを保護するための要件は複雑に絡み合っている。そのためコンプライアンスとセキュリティの担当チームは、規制や脅威の状況変化に適応する必要があり、例えば米金融サービス業界では、銀行に対して36時間以内にサイバーセキュリティインシデントを政府に報告する新ルールを策定した。
この資料では、データプライバシーにおける最大の脆弱性を「人」であると仮定。仕事と私生活の境界が曖昧になれば、不注意や過失のリスクが高まることを前提に、セキュリティとコンプライアンスチームが連携し、安全性を確保することの重要性を詳しく解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]