編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

ソフトウェア開発の上流から下流までを統合 市場の展望とアプリケーション・ライフサイクルの考察

日本アイ・ビー・エム株式会社(Rational) 2010-11-08

インターネットの世界は信じられない速さで進化を続け、いまやすべてのオブジェクトがインターネット・アドレスを持ち、世界中とつながっている。だが、めまぐるしい変化の中では、コアアプリケーションやスキルの老朽化の速度も同時に速い。そのためソフトウェアの習熟ペースを維持するのも難しくなりつつある。

IBM Rational ソフトウェア・デリバリー・プラットフォームは、ソフトウェアへの投資から、より多くの価値とパフォーマンスを得るためのソリューションである。本資料では、Jazz戦略を中心にクラウド技術やOSLCといったオープンなサービスを活用した発展について紹介していく。

・市場の展望
・ALM(アプリケーション・ライフサイクル管理)-過去の状況とこれからの見通し
・2010年以降の Rational Jazz
・Rational Jazz "なう"

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]