ホワイトペーパー

インドの巨大グローバルSIerが活用するソフトウェア開発プラットフォーム

日本アイ・ビー・エム株式会社(Rational) 2010年11月01日

インドの巨大グローバルSIerが、どのような開発プラットフォームを用いているか、ご存知だろうか。

インド企業はY2K問題が叫ばれた90年代後半に大きな躍進をとげ、以後着実に規模を拡大。現地トップ5であるInfosys,TCS,Wipro,Cognizant,HCLの各社は、世界のソフトウェア工場としてグローバルな地位を得て、さらなる効率化と高付加価値化により競争力を拡大中だ。

本資料では、こうしたインドの巨大ソフトウェア企業の開発環境を紹介する。RationalのALM(アプリケーション・ライフサイクル・マネージメント)ソリューションを積極活用している事例などを具体的にお伝えする。

上流である要求定義から下流のテスト品質管理までをトータルにサポートする開発プラットフォームの活用例は、大いに参考になるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]