ホワイトペーパー

現状維持が生み出す「隠れコスト」への警告--21世紀の管理でIT技術や管理者への投資を最小化

Allen Systems Group, Inc. 2011年11月25日

本資料では、ITにおけるコスト削減や意思決定の効率化を支援するASGが、複雑化した現代のIT環境における効率的な管理手法を提言し、企業がIT部門の管理姿勢について現状のままでいるリスクを解説します。

 昨今見られる垂直的な専門化、いわゆる「サイロ化」が進んだ環境では、スタッフのスキルが高くなるほど人件費も膨らみます。一般的に行われるのは、まずスキルの低いスタッフを削減、そして低レベルの業務をアウトソーシングすること。さらに高レベルのスキルを持つスタッフの数も、削減の圧力にさらされることになります。

 しかし、それは本当に効果的なアクションでしょうか?その答えに道を開くソリューションが「21世紀の自動化」です。その基本的な考え方は、「可視化層を持った抽象化層」の実装により、テクノロジーや人件費に大きな投資をせずとも、最高レベルの顧客サービス提供に必用な要件に対応することにあります。

 抽象化層は、例えばWindowsOSであれば、内部的なメモリ管理やI/O処理などの低レベルなサービスに対する、直感的なGUI操作などの部分が相当します。このようなアプローチをビジネスに取り入れると、事象の根本原因を分析することが可能になり、稼働状態、障害の原因、影響範囲、事前防止策などを特定することが可能になります。

<この続きおよびソリューションの詳細は、ダウンロード資料でお読み下さい>

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]