ホワイトペーパー

最新6Gb/秒RAIDコントローラが、平均的なサーバへ優れた帯域幅と管理・運用コストの削減を提供

ピーエムシー・シエラ・ジャパン株式会社 2011年06月17日

今日のデータセンターでは、コストをうまくコントロールしながら、限りなく増え続けるデータやトラフィックに対して稼動し続けなければならないという課題に直面しています。

1ポートあたり6Gb/秒のドライブインターフェースを持つ最新RAIDコントローラ「Adaptec RAID 6シリーズ」は、前世代のポートあたり3Gb/秒のスピードから帯域を2倍にすることはもちろん、インテリジェントパワーマネージメントやZMCPといった先進機能により数千ドルものサーバ管理・運用コスト削減をデータセンタへ提案するために設計された業界で唯一のコントローラです。

本資料では、6Gb/秒仕様がもつ利点と6シリーズの先進機能の利点について説明しています。

<資料内容>
■ エンタープライズでの6Gb/秒SAS対3Gb/秒
       -ゾーニングの標準化:
-エクスパンダのセルフディスカバリ:
-ケーブル長の伸長: 他
■ 6Gb/秒のビジネス機会
■ アダプテック6シリーズRAIDコントローラ
■ 実績の互換性
■ アドバンスドデータプロテクション
■ ゼロ-メインテナンスキャッシュプロテクション
■ アダプテックインテリジェントパワーマネージメント
■ ハイブリッドRAID

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]