ホワイトペーパー

「安かろう悪かろうでは困ります。 コストも性能も両立するクラウドサービスに乗り換えました」

ソニービジネスソリューション株式会社 2011-10-14

株式会社スペースデザインは、多拠点でサービスアパートメント、サービスオフィス事業を展開している。同社ではクラウド黎明期といわれる2008年から、各サービス拠点を結ぶネットワークとメールなどインターネットに関するアプリケーションがパッケージとなったクラウドサービスをIT基盤に利用していた。

 しかし、導入後半年経過していた頃から様々な問題が発生してき。たとえば、Webメールは使い勝手が悪く、メールを開くだけでも数分かかるという状態だったという。また、管理画面の使い勝手も悪く、なんらかの変更、設定を行うだけでもいくつも管理画面を開かなければならず、設定ミスが起こり得る状況だった。またサービス提供者のサポート対応も満足いくものではなかった。

クラウドサービスの“品質”に疑問を感じていたスペースデザインが、自社の新たなIT基盤として選んだのが、ソニーの「bit-drive マネージドイントラネット」だった。

●一元管理できるマネージメントツールで管理者負荷を軽減した、株式会社スペースデザインの事例をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]