ホワイトペーパー

クラウドの利点を生かす情シスの姿勢が BCPとして結実

ソニービジネスソリューション株式会社 2011年10月28日

衣料用洗剤の「ファーファ」をブランド展開するNSファーファ・ジャパン株式会社(旧社名:ニッサン石鹸株式会社)は、東京都墨田区の本社を中心に、大阪支社、兵庫工場、茨城にある関東工場の間で、ソニーの「bit-drive マネージドイントラネット」を利用。老朽化したハードウェアの撤廃、ネットワーク帯域の改善、それによるサービスレベルの向上および運用負荷の改善、TCO削減を実現してきた。

 「bit-drive マネージドイントラネット」によりITの利用環境を改善した同社の次の目標は、“社内セキュリティおよび対災害環境のさらなる向上”だった。
 当時のシステムは、
・各拠点に業務で使うデータやファイルを扱うファイルサーバが存在しデータが散在。それらを集中管理するシステムがなかった。
・ディレクトリサービスが拠点ごとに分断され、ドメインコントロールの仕組みが連動していない。
といった状況で、万が一障害が発生すれば、1名しかいない情シス担当者が現地まで行くか、現地の従業員に電話で指示を出し復旧を試みるしかなかった。

  “ほぼ1人情シス”が、「bit-drive マネージドイントラネット」というIT基盤をベースにしながら、どのようにしてデータのバックアップをはじめとしたBCP対策(事業継続性)を実装していったのか? 以下の事例で知ることができる。

●「bit-drive マネージドイントラネット」をベースに、バックアップ環境の整備とBCP対応を実現した、NSファーファ・ジャパン株式会社の事例をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]