ホワイトペーパー

トラフィックをフローデータでスマートに可視化!ビジネスを円滑にするネットワーク監視のススメ

ゾーホージャパン株式会社 2018年09月21日

ネットワークがトラブルなくスムーズに使えることは、今やビジネスの最低条件だ。
そのためにはトラフィックの可視化が必須となってくるが、SNMPだけでは十分な可視化ができなかったり、処理量の問題から全パケットをキャプチャするのでは負担が大きくなってしまう。

そこで有効な選択肢となるのが、ネットワーク機器でサポートされているNetFlow/sFlowといったフローという技術を活用したトラフィックの可視化だ。
資料では、その有効性をわかりすく具体的に解説。マルチベンダー対応のソフトウェアにより、トラフィックの一元監視や可視化、ドリルダウン、アラート設定などを行うメリットがコンパクトにまとめられている。

現状のネットワーク監視に課題を感じているのであれば、トラフィックの確実な可視化は非常に重要だ。ぜひ本資料でNetFlow/sFlowのメリットを改めて把握してはいかがだろうか。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]