ホワイトペーパー

なぜ多くの企業でパッチ適用が遅れるのか?要因は担当者を助ける「ツールの不在」にあり!?

ゾーホージャパン株式会社 2018年09月21日

「多くの企業は、脆弱性の情報が公表されてから1カ月後になっても、大多数の脆弱性を修正していない」といった内容の報告が多方面からなされている。※

今回は、こうした状況を少しでも改善に向かわせる資料を紹介したい。

パッチの適用をスムーズに進めるには、まず第一に、情報収集や社内状況の把握などの面倒をツールによって一元管理することが有効な手段だ。こうした状況把握を仕組み化できてしまえば、その後のパッチ運用もツールで自動化でき、従来の大変さは解消される。

資料では、パッチの一元管理、環境の可視化、データベース化、テストの実施、PC・スマホの統合管理といった機能とそれによるメリットを紹介している。ぜひ一読して、クライアント管理ソフトの有効性を確認し、パッチ適用の遅れによる大きな事故を未然に防いでいただきたい。

※ソース:企業はパッチを適用していない--大半の脆弱性は1カ月経っても未対応(ZDNet Japan 2018年10月31日)など

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]