ホワイトペーパー

FBIが推奨する多要素認証ハッキング向けセキュリティ対策とは、狙われる多要素認証と対応策を解説

ゾーホージャパン株式会社 2023-04-17

多要素認証(MFA)は、資格情報ベースのサイバー攻撃に対して有効な対策となる。すでに多くの組織がIT環境への安全なアクセスを確保するために多要素認証を導入している。ただ、導入が進むにつれ、企業の機密情報を流出させようとする攻撃者が多要素認証を悪用・回避するような攻撃事案が多く発生している。これらのテクニックは技術的な操作やソーシャルエンジニアリング、その両方を混合したものが含まれる。多要素認証は決して突破不可能な技術ではないことを証明すると同時に、このような攻撃を防ぐ術があることも示唆している。本資料では、多要素認証のハッキングする一般的な5つの手法を解説するとともに、米国連邦捜査局(FBI)が推奨する防御対策の詳細を公開する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]