ホワイトペーパー

市場で勝つための高速・高度な情報分析力!最大の費用対効果をもたらすHana on Power

日本アイ・ビー・エム株式会社(Systems) 2015年08月18日

いま、ビジネスに求められる高速かつ高度な情報分析力。
情報システム部門は、この困難な要求にどのように対応すればよいのでしょうか。
IBMの用意するひとつの答えが、ビッグデータ処理向けに最適化されたPower Systemsの活用です。
OpenPOWER Foudationよる高いオープン性とエコシステム、エンタープライズITを支えてきたIBMのノウハウが詰め込まれたエンタープライズITに最適化されたチップの採用など、X86サーバーよりも高性能かつ強力なインフラを実現します。

さらに本資料では、このIBM Power Systemsと長年のパートナーであるSAPのインメモリー・データベースHANAの組み合わせを紹介します。

SAP HANA on IBM Power Systemsによって、企業の皆さまは、いったいどういったイノベーションが実現するのでしょうか。

• SAP HANA アプライアンスを利用することで IBM Power System に組み込まれた価格対性能比のメリットを活用可能となります。
• Power Systems のユーザーは、HANA 向けの個別プラットフォームを追加導入することなく、SAP HANA アプリケーションを利用できます。
• SAP HANA on IBM Power Systems は、データ・アクセスを高速化し、高度なアナリティクスをサポートするとともに、さらなるオープン性とイノベーションの可能性を拡大させます。

本資料にて、これらの紹介を紹介いたします。
資料はダウンロードの上ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]