ホワイトペーパー

「IBM Netezza 1000(TwinFin)」で自動販売機の販売・在庫データを一元化

日本アイ・ビー・エム株式会社(Netezza) 2011年01月01日

ネオス株式会社は、飲料自販機オペレータとして複数の飲料メーカーより1000アイテムにも上る商品を仕入れ、4万8000台もの自動販売機を通じて商品の販売をしている。

その管理だけでも複雑だが、1台の自動販売機を1つの店舗、商品を投入する列を店舗内の棚として在庫や売り上げを管理しているため、マスタデータは膨大な量となる。

蓄積されるデータは短期間しか保存ができず、過去のデータが必要な場合は各自がPC上で管理するしかないという課題を抱えていた。

(続きは本文へ)

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]