ホワイトペーパー

開発手法 次の一手!「Team Foundation Server2010ではじめるアジャイル開発

日本マイクロソフト株式会社(Visual Studio) 2011-12-09

開発予算の超過や納期遅延を克服する最新のソフトウェア開発プロセスとして、「アジャイル開発」が知られています。本資料では、関係者間のコミュニケーションを重視し、変化の速い現代のビジネスに対応するアジャイル開発手法「スクラム」と統合システム「Team Foundation Server」を紹介します。
 序盤では、1950年代までさかのぼり、現代までのソフトウェアエンジニアリングの歴史を説明。そのうえで、ウォーターフォール型の開発と対比させながらアジャイル開発の有効性を解説します。

 中盤からは、豊富なスクリーンショットを用いて、視覚的にわかりやすく統合システム「Team Foundation Server」によって可能なアジャイル開発の流れをまとめています。繰り返し使い続けることによって組織のポテンシャルを引き出すことが期待できる「Team Foundation Server」の詳細を、ぜひダウンロード資料でご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]