ホワイトペーパー

企業システムにおけるノンプログラム開発の将来性

有限会社ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所 2012年02月27日

社長「当社の業務にフィットするアプリケーションの完成まで一体、何年かかっているんだ。現場の社員から俺のところに、『もっと仕事を効率化したい』という不満がバンバン来ているぞ」

CIO「申し訳ありません、社長。市販のパッケージ製品では“帯に短し、たすきに長し”で、先代から続く、弊社独特の商取引習慣・業務ロジックに対応できず、弱っているんです」

社長「社外にある開発会社(SIer)の手を借りればいいだろう」

CIO「それが、外部委託先の業者が当社の業務知識をよく理解していないために、開発時に手戻りが起きることが多々あって。将来的な業務アプリのカスタマイズ・保守性を考えても、安易な外注は・・・」

社長「業務を分かっている社員が開発するのが一番いいんだな。社内で開発を内製できないのか?」

CIO「いいえ。社長、それは可能です。『ノンプログラミングツール』や『高生産性開発ツール』という便利なものがありますから。それどころか近々、シェルプログラミングにおいても、ノンプログラミング化が可能になるという情報も入っています」

社長「何? シェルプログラミングを業務アプリの開発に使えるなんて聞いたことがないぞ」

会長「コレコレ、何を揉めておる。自由度の高いシェルプログラミングで、業務システムを構築できることを知らんのか。しかも、シェルコマンドを直接いじらなくても、ノンプログラミングで開発できるようになる。まさに、ブラックボックス化とベンダーロックの問題を解決する切り札じゃ。ほれ、このホワイトペーパーに詳しいことが書いてある。よく読んでおけ」

社長/CIO「会長、知ってたなら、早くそのことを教えてくださいよ。隠居する前に・・・」


業務システムの内製化のカギとなる、ノンプログラミング技術は、いま大きく進化しつつあります。
しかも、その波は、システム構築を可能にするシェルプログラミングにも押し寄せています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]