ホワイトペーパー

ハイブリッド化するITインフラを適切に管理せよ、クラウド時代こそ耐障害性の高いエッジが重要になる理由

シュナイダーエレクトリック株式会社 2021-08-10

ITシステム環境がハイブリッド化している。ハイブリッドとは、(1) 集中型大規模クラウド、(2) 地域のデータセンター、(3)データが発生する場所のすぐ近くにあるオンプレミスのエッジコンピューティングの3種類の組み合わせからなる環境だ。クラウドの活用により、オンプレミスに残るいわゆるエッジコンピューティングの機能は、数台のラックで構成できるようになった。しかし設置面積と容量が縮小したからといって、その重要度が低下したわけではない。むしろオンプレミスに残っているエッジコンピューティングは重要性が増している。本資料では、ビジネスの継続性を支えるシステムの可用性をどう考えるべきか、ビジネス目標を達成するためのオンプレミスやエッジのデータセンターにおける耐障害性レベルの評価方法、エッジの耐障害性を提供するマイクロデータセンターソリューションを実装するためのベストプラクティスなどを紹介している

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]