ホワイトペーパー

ROIを最大化--積極的なOSS利用開発のためのオープンソースガバナンスとコンプライアンス

ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社 2013年02月01日

米ガートナーによると、オープンソースソフトウェア(OSS)テクノロジーは2016年にはグローバル企業の99%のミッションクリティカルなソフトウェアパッケージに含まれるようになるという。技術革新、コスト面での優位性を持つOSSを使った開発が加速する中で、企業および組織としての競争力を持ちつつ、最大限の投資対効果(ROI)を引き出すためにはどうしたらよいのか?

このホワイトペーパーでは、最大限のROIを引き出すために、無料オープンソースソフトウェア(FOSS)利用による開発組織や運用上の明らかなセキュリティリスクを組織がどう管理し、運用したらよいのかについて、具体的な手順や対策を解説する。また、航空輸送向け通信およびITソリューションの世界最大手企業SITAのオープンソースの積極利用戦略とそのガバナンスプログラム成功事例も紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]