ホワイトペーパー

オープンソースソフトウェアの費用対効果は?--あるグローバル金融機関のROI算出事例

ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社 2013年07月29日

オープンソースソフトウェア(OSS)は、現場開発者から活用の声があがっても、品質、信頼性、セキュリティやコンプライアンスの観点から反対されることが多い。

そんな中、あるグローバル金融機関がOSSの利用を開始した。同金融機関は、リテール、法人、機関顧客を抱え、世界3ヶ所に100名規模のソフトウェア開発スタッフを配置して、広範囲な銀行業務や資産運用業務を対象とした多様なアプリケーション開発に取り組んでいる。

OSS導入の結果、同金融機関は上記の課題をクリアしただけでなく、大幅なコスト削減と業務の迅速化が可能になった。本ホワイトペーパーでは、導入から結果の詳細とともに、具体的な費用対効果(ROI)分析が表にまとまっているので、是非ダウンロードしてご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]