ホワイトペーパー

4K・8K時代に最適なメディアアーカイブ~オブジェクト・ストレージという選択~

クラウディアン株式会社 2017年10月06日

Youtube、Amazon Prime VideoにNetflix、いわゆるOTT(Over the top)といったインターネットを通したビデオコンテンツ配信が隆盛を極めている。

コンテンツそのものも、アナログからデジタルへの移行、そして4Kや8Kといった超高解像度の映像配信によって、ユーザや視聴者に没入感を与えるビデオ・エクスペリエンスを与えている。しかも何十台の4Kカメラというビデオソースを使って。

しかし、映像コンテンツのデジタル化、高解像度化はコンテンツ容量をますます増加させるばかりだ。
大容量のコンテンツをどこに、どのようにアーカイブ化し、管理すればよいのか。
また、デジタルコンテンツゆえ、再配信や再利用がしやすくなければ使えない。

従来のように大容量のハードディスクをローカルで保存するやり方で対応できるのか?
また、クラウドストレージを活用して低コストでもスケーラブルなアーカイブを可能にするのか。その場合、セキュリティやパフォーマンスに影響はないのか?

本ホワイトペーパーでは、こうした課題や悩みをもつ事業者、IT部門担当者にヒントを与えてくれるはずである。
つまり、オブジェクト・ストレージによるメディア・アクティブ・アーカイブの選択である。資料によれば、Netflix、Comcast、Amazon Prime Video、YouTubeも活用する方法だという。

映像コンテンツを事業者や企業内でコンテンツアーカイブ化の課題を抱える多くの方々に一読いただければと思う。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)