編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

【レポート】2014年はインターネット崩壊の年--情報セキュリティーの世界に何がおきたか

日本アイ・ビー・エム株式会社(Security) 2015-07-27

IBMでは世界100カ国以上8,000台を越えるデバイスから報告されるデータを継続的に監視しています。このレポートでは、世界中の企業が2014年1月1日~2014年12月31日の期間に受けた主要な脅威の大まかな概要が記載されています。
また、このレポートでは、攻撃の件数、最も影響を受けた業種、最も審判に検出される攻撃のタイプと攻撃者のタイプ、それらの攻撃を可能にしている主要な要因などを詳細に記載することにより、現在の脅威についてより深く理解してもらうことを目的としています。

●レポートタイトル:IBM 2015 サイバー・セキュリティー・インテリジェンスの指標
●アジェンダ
 ・インターネット崩壊の年
 ・数字が示す新たな状況
 ・インシデントの62パーセント以上が3業種に集中
 ・2014年には不正アクセスによるインシデントが約2倍に増加
 ・全攻撃者の半数以上は「内部犯罪者」
 ・攻撃はどこからどこへ行われているのか
 ・「もしハッキングされたら」ではなく「ハッキングされたとき」
 ・危険な考え方をやめる
 ・IBM Security を選択する理由

レポートはダウンロードの上ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]