編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

ホワイトペーパー

情報漏えいが企業に与える損益を可視化--2017年版情報漏えい時に発生するコストに関する調査

日本アイ・ビー・エム株式会社(Security) 2017-07-29

本資料はIBM セキュリティーと Ponemon Institute により実施された「2017年情報漏えい時に発生するコストに関する調査」により得られた結果・知見をまとめた資料となります。
本年の調査には、被害レコード数が約 2,600 件から 100,000 件弱の情報漏えいを経験している世界11カ国と2地域の419社が参加しました。 (※被害レコードとは、情報漏えいにおいて情報の紛失または盗難に遭った人を特定するレコードと定義しています)

本調査を通じて見えてきたセキュリティーリスクのトレンド、また金銭的なそ損害を含めた被害の傾向は資料をダウンロードしご参照ください。

本資料が皆様がセキュリティー対策を立案する際の一助になれば幸いです。

【グローバル調査の概要】
 13 の国または地域を対象とした 419 企業
 情報漏えいの平均総コストは 362 万ドル
 平均総コストが 1 年で 10% 減少
 紛失または盗難に遭ったレコード 1 件当たりの平均コストは 141 ドル
 情報が漏えいした顧客 1 名当たりのコストは 1 年で 11.4% 減少
 今後 2 年間で重大な情報漏えいが再発する可能性は 27.7%
 重大な情報漏えいが再発する可能性は 2.1% 増加

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]