ホワイトペーパー

Microsoft 365のグローバル展開で運用管理とガバナンスが課題に、アステラス製薬の取り組み

AvePoint Japan株式会社 2023-11-10

医療用医薬品の研究および開発に特化し、世界70カ国以上で事業を展開するアステラス製薬。2017年からグローバルで利用されているシステムの1つがMicrosoft 365だ。2020年からはコミュニケーションとコラボレーションの基盤としてMicrosoft Teamsの活用もスタートさせた。ただ、そこで課題となったのがグローバルで展開するMicrosoft 365の運用管理だ。もともと自社開発の管理システムを利用していたが、利用が拡大するにつれ管理負担やガバナンスが課題になり、実際に法務部門やコンプライアンス関連部門からの要望も増えていた。そこで採用したのがMicrosoft 365の運用管理ソリューションだ。本資料では、アステラス製薬がMicrosoft 365のグローバル展開で直面した運用管理とガバナンスの課題をどう解決したのかを事例で紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]