ホワイトペーパー

クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2017年07月12日

本資料は、クラウド導入の「現在」を読み解いた上で、移行が難しい場合に対するヒントを示すものだ。その解の一つとして、「ハイパーコンバージドインフラ」の進化形である「コンポーザブルインフラ」についても言及する。

実際、現状のクラウド導入状況は、業種や企業規模によって大きく状況が異なり、まだまだ大企業による利用が中心だ。利用する予定はないと明言する企業も少なくない。

その理由として大きいのが、クラウド導入に伴う既存システムの改修コストが大きい点だ。さらにコンプライアンス上の理由から導入不可能な企業もある。それゆえ、どうしても基幹系はオンプレミス、情報系はSaaS、モバイルアプリなどをPaaSやIaaS、といった運用が多くなる。

だが決して、それがベストな形とは決して言い切れない。

資料では、迅速な仮想サーバ環境を構築できる自社ITの基盤に加え、物理サーバやDockerのようなコンテナなどの環境を混在できるIT基盤であれば、現状の多くの問題はクリアできるとする。

詳細はダウンロードでご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)