編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

ホワイトペーパー

【山﨑建設事例】「Windows Server 2008」刷新を無駄のない投資コストで実施できた理由

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2020-03-12

重機を使った大規模な機械土工を得意とする山﨑建設。同社では、全国に散らばる工事現場のコスト管理などを担うBI(ビジネスインテリジェンス)システムのITインフラを刷新した。サポート終了が目前に迫っていた「Windows Server 2008」上のシステムを「Windows Server 2016」上への移行を計画していたが、複数のシステムで確実な移行ができるよう、まずは参照できる先行事例を作ることを目指した。

100人程度のユーザーがいるBIシステムは、自社用に1台、グループ会社向けに1台の計2台のサーバーで構成されていた。この物理サーバー2台を仮想化により1台に統合することを想定し、シングルプロセッサのサーバーの導入を検討。その結果、「シングルプロセッサの経済性でデュアルプロセッサクラスの性能」を提供するサーバー製品を選定し、最適な構成で投資の無駄を回避できたという。

同社が選んだサーバーとは? 本資料では、山﨑建設のシステム刷新の詳細を紹介する。特に中堅中小企業の担当者はぜひ参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]