ホワイトペーパー

Strutsと決別し、新世代Java EEへ--楽天が挑むJ2EEからJava EE 6への移行

日本オラクル(Java&Developers) 2014年07月25日

本資料は、2013 年~2014 年にWebLogic Channel に掲載した楽天株式会社 DU Financial Service Department Group Manager 岩崎浩文氏のインタビュー記事およびセミナー講演レポートを再編集して作成したものです。

WebLogic Channel では、さまざまな視点から「最新のJava EE 環境に移行するメリット」をお伝えする記事を掲載しており、なかでも「Struts からJSF(JavaServer Faces)への移行」をテーマとする記事は高い関心を集めています。

岩崎氏へのインタビューおよび講演レポートも、本テーマに関する稀少な経験談/ノウハウを伝える記事として、多くの読者の支持を得てきました。そこで今回、これらの記事の要旨を、多くの方に読みやすいかたちで提供する目的から、ホワイトペーパーとして再編集いたしました。

本資料では、まず「導入検討編」で、Java EE 6 の導入メリット、マネジメント層の支持を得やすい導入アプローチなどを紹介します。続く「実践編」では、Java EE 6 への移行で鍵となるプレゼンテーション層に焦点を当て、Struts で作られたプレゼンテーション層をJava EE 6 の標準プレゼンテーション・フレームワークであるJSF で作り変える際の考慮点を説明します。

詳細は資料をダウンロードのうえ、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)