ホワイトペーパー

グローバル化するウェブサイトとウェブアプリケーションのレイテンシを解消する方法

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン 2013年10月29日

ビジネスのグローバル化が進んでいる昨今においては、海外を経由したウェブアプリやクラウドを利用する機会も増えている。しかし、実際にはパフォーマンスや安定性の低下を如実に感じストレスを感じることが多いのではないだろうか?その対策としてサーバや回線の増強を実施しても焼け石に水になることが多い。なぜならボトルネックは企業側のサーバ処理や回線でも、エンドユーザ側の回線でもなく、海外のインターネット区間にあるからであり、インターネットを利用する以上こうした問題は避けられない悩みだ。企業のクラウド利用が加速化している今、この問題を放っておいても改善されることはまず考えられない。
さらに動的コンテンツが増えている今、通常のキャッシュ対応のみでは十分な効果が見込めないことも多く、将来へ向けた汎用性がないことも不安要素の一つとなっている。

快適かつ滞りなくビジネスを進めるためには、アクセスの高速化への積極的な取り組みが必要になる。CDNetworksのダイナミック・ウェブ・アクセラレーション(DWA)は、企業が迅速に導入でき、導入後には確実な効果が得られる。

本ホワイトペーパーでは、「高度なキャッシュ+TCP最適化に対応したCDNサービス」により実現する技術の詳細と、企業アプリケーションのグローバル化におけるさまざまな課題の解決手段について、SAPとの共同検証事例も交えて解説している。
詳細をぜひ資料でご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]