ホワイトペーパー

【実態調査】巨大市場をものにせよ!中国インターネット事情と企業がとるべき改善策

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン 2016年01月26日

成長の鈍化が伝えられながらも今なおポテンシャルを拡大し世界2位の経済大国である中国は、いまや世界の企業にとって重要なマーケットだ。昨今では「爆買い」の言葉に裏付けられるその購買能力の高さからも、中国人や中国ビジネスに注目する日本企業は多い。しかし、インターネットを利用して中国へのビジネス進出や中国人への情報発信を考える企業にとって、中国独特のインターネット事情は大きな障壁となっている。

中国のインターネットは政府によって管理されており、中国本土への情報発信においては、さまざまなガイドラインに従う必要がある。また国土の巨大さもありネットワークインフラはまだ脆弱といわざるを得ない。

本資料では中国独特のインターネット事情と、これに関連して中国進出企業が留意しておくべきポイントを解説する。主に通信・ウェブインフラの側面から、中国におけるインターネットビジネスへの理解が深まることだろう。また、そうしたインターネット事情を克服した中国進出企業の事例も紹介する。

<詳細は資料をご確認ください>

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)