ホワイトペーパー

IoT関連情報も含めたネットワークシステム全体を「一元監視」--事後対応ではなく、未然防止へ

アイビーシー株式会社 2016年11月28日

プラットフォームの多様化・複雑化が進む中、ネットワークの状況把握が、より重要性を増している。
特に今後、IoTを取り入れたビジネスを展開するなどの場面では、すべての対象の性能情報を、「共通の指標で」「リアルタイムで」収集する事が必要だ。

システムの変動を的確に把握し、障害を未然に防ぐことで初めて、ビジネスを安定的に回すことが可能になる。

とはいえ「ネットワークシステム全体を、どのように監視すればいいのだろうか」という問いもあるだろう。
そこで本資料では、ネットワークやサーバ、VMWareなど、あらゆる対象をターゲットとした性能監視のソリューションを紹介する。

システム運用の課題になりがちな運用コストの削減、安定稼働の促進、品質向上において有効な策となるはずだ。

ぜひダウンロードして、参考にして頂きたい。

掲載トピック(抜粋)

・事後対応ではなく、予兆検知や未然防止を行うための性能監視の方法は?
・ネットワーク、サーバー、VMwareを一元管理する
・1分間隔でのデータ収集、マルチベンダー機器への対応
・活用事例:サイレント障害の早期発見、ボトルネックの原因特定、VMware環境のディスク遅延解消など

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]