ホワイトペーパー

デスクトップクラウドでシステムを刷新-共有端末から1人1台のiPod touch利用への置換を実現

日本アイ・ビー・エム株式会社(C-Suite) 2014年07月23日

高知大学医学部附属病院では、ログイン時間の短縮などのパフォーマンス向上やセキュリティーの強化、運用保守のコストや負荷軽減の目的で、IBMのデスクトップ・クラウドを採用。
病院内のクラウド環境に各種アプリケーションとデータを統合しました。

さらに新しい取り組みとして、今まで高価なため、看護師が共用で使っていた専用PHS端末を、汎用、低価格なiPod touchへの置き換えを実施、1人1台の端末利用を実現し、利便性を大幅に向上しました。また、紛失などのトラブルに備え、遠隔ロック機能、遠隔パスワード・リセット機能、遠隔データ消去機能などを備えたIBMのモバイル端末管理サービスを採用・導入し、自前で集中管理できる体制を整えています。

本資料では、それらがなぜ実現できたか?高知大学医学部附属病院のシステム刷新事例をご紹介いたします。

詳細は資料をDLのうえご参照下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]