ホワイトペーパー

AIOpsの導入が SRE運用モデルにもたらすメリット、人間と機械による知力の組み合わせ

日本アイ・ビー・エム株式会社 2022-10-01

競争優位を維持するためにIT部門は、いまSRE(Site Reliability Engineering)運用モデルを活用してアプリケーションの回復力と堅牢性を確保しようとしている。一方で、革新的な新機能を顧客に提供する必要がある中、ハイブリッドクラウドやクラウドネイティブ技術によって生み出されたデータの急増により、成熟したSREチームも新たな課題に直面している。動的なアプリケーションが複数のクラウド環境にわたって稼働する中で、サービスレベル目標を達成し、障害の防止や発生の防止などに取り組むため、多様なツールで状況を理解する必要がある。解決策としてAIによるIT 運用である「AIOps」が登場、人間と機械が知力を組み合わせる。
この資料では、IBM Cloud Pak for Watson AIOpsを通じて、AIOps の導入がSRE にもたらすメリットを提示する。APM ツールについての調査会社ガートナーの見解などを含め、課題と解決策を説明する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]