編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

企業内の6割以上のデータが未使用、ハイブリッドクラウド環境におけるデータ統合の最新アプローチを解説

日本アイ・ビー・エム株式会社 2022-10-01

現在、普及しているハイブリッドクラウド環境では、全体的にデータの動的な多様化、分散化が進み、企業・組織はさらに複雑化するデータ資産に懸命に対応する必要がある。IDCの調査レポートによると「平均的な企業では、アーキテクチャーが複雑になると、その維持と必要なデータへのアクセスが困難になり、全データの60~73%が使用されていない」という結果が出ている。

具体的には、データソースのサイロ化と非共有化、セキュリティ課題などが組織の障壁となっている。組織のIT部門は、どのように解決していけばいいのだろうか。以下の資料では、マルチクラウド環境におけるデータ統合の最新アプローチとして「データ・ファブリック」を提言。成功事例を交えて、その概要を解説する。必要な場所で必要なときにデータを提供する「データ・アクセスの民主化」を実現したいならば、ぜひ参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]