ホワイトペーパー

IDCが提言、時代のニーズに合致する持続可能なストレージ基盤の選び方

日本アイ・ビー・エム株式会社 2024-01-15

昨今、「持続可能性(サステナビリティ)」は、多くの企業の経営陣が協議すべき重要なテーマとなった。製品・サービスのイノベーションの促進、販路開拓の迅速化、事業活動のモダナイゼーションなどのために拡大し続けてきたITインフラに対するエネルギーコストの高騰や社会的/環境的責任を求める政府や社会の要請によって、ITインフラへの投資の際に、さらに持続可能性への配慮が求められている。
ITインフラの中でも「データストレージ」への投資について考えてみると、性能や可用性など従来重視されてきた要件がさらに厳しくなってきた。特に大規模で運用されるデータセンターの電力供給には、これまで以上に綿密な事前の計画が必要とされる。効率性の高いITインフラをどのように導入・運用すべきかが経営課題と認識される中、持続可能なストレージ基盤をどう構築すべきか。
この資料では、企業が最も電力効率の高いストレージ基盤を購入する際のベンダー選択に関するIDCの見解をまとめたものだ。ストレージ業界における持続可能性における4つの重要な要素を踏まえ、「IBM FlashSystem」が備える優位性を詳しく解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]