ホワイトペーパー

プログラミング言語の変更でエネルギー消費量50%減も、ITサステナビリティの知られざる真実

日本アイ・ビー・エム株式会社 2024-01-15

世界中のデータセンターの電力容量は、2022年までの過去3年で約43%も増加した。環境に配慮した持続可能なコンピューティングを目指す「グリーンIT」の重要性は高まるばかりだ。開発者や運用者にとって、グリーンITや脱炭素はやや縁遠いテーマに思えるかもしれない。しかし、仮想マシンをコンテナプラットフォームに移行すると、エネルギー効率が向上し、インフラ運用の年間コストを75%削減できるというデータがある。また、正しいワークローで適切なプログラミング言語を利用するとコンピューティング・パワーを削減できる。あるプログラミング言語から別のプログラミング言語に切り替えることで、アプリケーションのエネルギー消費量を最大50%削減できたケースがある。
この資料では、ハイブリッドクラウド活用での脱炭素化やコーディングの適正化によるエネルギー消費量削減など、豊富なデータをもとにデータセンターにおけるITサステナビリティの知られざる真実を解き明かしている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]