ホワイトペーパー

どうする保守切れ機器?延命とコスト削減を可能にするIBMのマルチベンダー保守サービス

日本アイ・ビー・エム株式会社(Hybrid IT) 2015年10月31日

ベンダー保守期限が終了したハードウェア、システムインフラの更新対応をどのようにおこなっていますか?
もしベンダーと同等またはそれ以上の保守サービスが受けられるならとお考えになったことはないでしょうか。
本資料で紹介するIBMマルチベンダー保守サービス(MVMS)を利用すれば、IBMが持つ高い信頼性と技術力による高品質のサービスを受けられるだけでなく、グローバルレベルの部品調達など強力なサポート体制によるベンダー保守切れ後のシステムインフラ延命措置、保守ベンダーの統一による保守コストの削減も可能です。

企業が求め得る保守サービスの現実解、IBM MVMSの詳細は資料をダウンロードのうえ、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]