ホワイトペーパー

24時間365日、クラウド環境を含めた統合管理をアウトソース「IBM ADAMS」のご紹介

日本アイ・ビー・エム株式会社(Hybrid IT) 2015年11月06日

IBMのネットワークシステム 遠隔監視・運用支援サービス(ADAMS:ADministration And Monitoring Service)は、他社製品も含めたお客様のサーバー、ネットワーク機器に対しIBMの遠隔監視センター(ネットワーク・サポート・センター)から24時間365日遠隔監視・運用支援を行うサービスです。
監視用ツールとしてリモート・ツール(監視用サーバー)をお客様のネットワークに接続させていただき、サーバーおよびネットワーク機器の障害監視を行います。
障害発生時には事前に合意された手順に従って、ご担当者への連絡や、コマンド入力等の手順による回復のご支援も行います。

また、ADAMSをお勧めしたいのは以下のようなお客様です。
●サーバーやネットワークの監視システムがない、中小規模のネットワークを運用されているお客様
●サーバーやネットワークの監視システムはあるが、常時監視・運用する専任のオペレーターがいないお客様や休日・深夜の監視・運用が必要なお客様

本資料ではADAMSのメリットやコスト優位性を3つの切り口にて紹介しています。

1)ADAMSでクラウド環境も含めた統合監視をしませんか?
2)ADAMS監視サービス お客様導入事例
3)コスト比較例(24時間365日の監視の場合)

詳細は資料をダウンロードのうえ、ご参照下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)