ホワイトペーパー

まだ個別にバックアップ?混在するWindows、Linuxマシンを統合して、負荷を軽減しよう

arcserve Japan合同会社 2015年05月26日

多くのビジネスの現場では、WindowsやLinuxのシステムが混在して稼働しているはずだ。

そのバラバラに存在する個別のサーバやPCのバックアップは、いまどのような体制だろうか?もし手作業で個別に…というのであれば、それは非常に危険かつ非効率な状態だ。

本資料は、複数のベンダー製バックアップソフトやフリーソフトウェアなどが混在してたバックアップ環境を統一し、一本化によるコスト削減を実現した事例だ。

ここでは、社内サーバのバックアップをArcserve D2に統一。NASへのバックアップと、Amazon S3へのバックアップデー タのコピーというBCP/DR体制を確立した。

サーバごとに異なる画面で行わなければならなかったバックアップ状況の確認が1台のPCから1人でも十分に行えるようになり、運用管理業務の負荷も大幅な低減を実現した。

詳しくは、ダウンロードでご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]