編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

遠隔データ保護・災害対策で悩んでいませんか?正しいレプリケーションの実践法教えます

arcserve Japan合同会社 2019-05-22

いまやデータは企業にとって最大の資産の1つであり、データ活用のあり方がビジネスを大きく左右するようになっている。このようにデータの重要性が増大するに従いより大きな課題となっているのが、いかにデータを保護するかである。システムトラブルや自然災害、人為的ミスなど、データは様々な原因で失われるリスクがあるだけに、あらゆる事態に直面しても、データを保護すると同時に、安定してビジネスを継続できる環境を構築することが強く求められているのである。

こうしたデータ保護・災害対策に最適なのが「レプリケーション」だ。レプリケーションであれば、運用管理者の手間がかからず、万が一障害が発生した場合もユーザの仕事を止めることがない。また曜日や時間帯でネットワークの帯域幅を調整して、遠隔地にも安心転送することが可能となる。

「Arcserve Replication/High Availability」は、このレプリケーションにおいて決定版とも言えるソリューションである。本資料には、Arcserve Replication/High Availabilityの特徴とともに、レプリケーションの実際の活用イメージが収められている。データ保護・災害対策の大いなる一歩を踏み出していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]