ホワイトペーパー

どこまで効率化できるか!?最新アプライアンスによるバックアップ運用のリアルな検証事例

arcserve Japan合同会社 2019年08月16日

こちらで紹介する資料は、実際に社内で使用しているファイル・サーバを対象に、実データを利用して行ったバックアップ検証レポートだ。企業やシステムのタイプにより格納されているデータの種類は様々だが、検証結果で得られたバックアップ時間や圧縮率のデータは、より実際のシステム環境に適用しやすいものとなっている。

調査はIT活用のサポートを全国展開するJBCCが行ったもので、Arcserve UDP アプライアンスを利用している。ハードウェア、ネットワークともに日常運用の状態を一つも変えることなく使用した。データ容量は約10TB、主にOfficeデータとなっている。ごく標準的な内容だ。

こうして得られた結果はどうだったのか?
最新アプライアンスによるバックアップ運用のリアルな事例として、大いに参考になるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]