編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

グローバル調査「2022年のオブザーバビリティの現状」公開、リーダー企業が採用する戦略と手法

Splunk Services Japan合同会社 2022-06-02

オブザーバビリティ(可観測性)の重要性を認識する企業が増えてきた。ITインフラはますます、ハイブリッド化、マルチクラウド化が進み、多くITチームが可視化も十分にできていない状況だ。そんななか、オブザーバビリティは、ITインフラ運用に不可欠の取り組みになりつつある。組織のオブザーバビリティを担う1250人の担当者を対象にしたグローバル調査「2022年のオブザーバビリティの現状」では、リーダー企業がオブザーバビリティによるどんな効果を挙げているかを明らかにしている。多くの企業がトラブルを数分以内に検出し、平均解決時間を69%改善したと回答している。また、対応コストの削減やパフォーマンス向上も期待できる。
本資料では、グローバル調査「2022年のオブザーバビリティの現状」を概観しながら、リーダー企業が採用する戦略と手法を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]