ホワイトペーパー

“クッキーレス時代”到来で、今後のデジタル広告はどう変わっていくのか

Criteo株式会社 2021-11-15

より自分に合った「コマース体験」を得られるインターネットのリターゲティング広告は、広告主はもちろんのこと、消費者にとっても高い利便性をもたらす。しかしここに来て、リターゲティング広告においてユーザーを判別する識別子として用いられている「サードパーティークッキー」を規制する動きが加速している。そうしたなか、デジタル広告の新たなアプローチを提唱しているのが、リターゲティング型のダイナミック広告をはじめとするデジタル広告を展開するCriteoである。本資料では、サードパーティークッキーが廃止された後の世界においても、顧客が成功を収められるように力強くサポートしていくための、同社の見解や具体的な取り組みについて解説している。そこからは“クッキーレス時代”におけるデジタル広告のあり方が見えてくるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]