ホワイトペーパー

顧客それぞれに最適化されたクロスチャネルマーケティングが困難ではない10の理由

アドビ システムズ 株式会社(Adobe Marketing Cloud) 2017年01月26日

テクノロジーの進歩によりマーケティングのあり方は日々変革をしています。
またタッチポイント多様化により、顧客はそれぞれの好みにより異なる道筋で購買にいたるようになった今日では、従来一般的だったカスタマージャーニーを線形的なファネルと見なす手法は、既に通用しません。
いま、求められているのは顧客それぞれに合わせ、的確なタイミングで最適な情報を届ける個に最適化されたマーケティングコミュニケーションです。
そして、そのために必要となるのがクロスチャネルマーケティングです。
しかし多くのマーケターにとってクロスチャネルマーケティングは難しいという想いがあるのではないでしょうか。
たとえば様々なチャネル、多様なコンテンツ、複雑なテクノロジー。
しかし実際は違います、既にマーケターの皆さんはクロスチャネルマーケティングを成功させるために欠かせない要素は持っているのです。
本資料では、クロスチャネルマーケティングを難しく見せている10の要素を紐解き、その実現が決して無理難題ではない理由を解説いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)