ホワイトペーパー

これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

アドビ システムズ 株式会社(Adobe Marketing Cloud) 2017年03月07日

カスタマーエクスペリエンスが重要視される今のマーケティング活動において、消費者との関係作りはマーケターにとって最も大事な仕事です。そして日々進化するビジネス環境に即応し広がる顧客タッチポイントをいかに最適化するかは目下の課題といえます。
このような状況の中で電子メールマーケティングの持つマーケティング価値はもっとも費用対効果の高いものであるということが明らかになっています。(電子メールマーケティングをうまく活用することで1ドルの投資に対して39ドルもの収益を生むという調査結果もあります。)

しかし、変わりゆくビジネス環境において、今のままのメールマーケティングがこれからも価値を生み出し続けることができるでしょうか。答えは否です。既に従来の配信サービス(ESP)では不都合が現れています。
では電子メールマーケターはどうすれば良いのでしょうか。
本資料は、アドビが米国DMAのメンバー260名以上の電子メールマーケターを対象に調査し、現在利用している電子メールプログラム、既存のESPの課題、そして今後取り組むべき優先事項などをまとめたものです。

電子メールを活用し、いかにして顧客との関係をより強固にするか。
本資料は皆様のビジネス拡大の一助になれば幸いです。
詳細は資料をダウンロードのうえご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)