ホワイトペーパー

【仮想事例】保守の現場ですぐにウイルス駆除を実現!製造ライン停止時間を短縮した方法とは?

トレンドマイクロ株式会社(事業開発本部) 2015年09月17日

外部ネットワークから遮断され、なおかつ、ウイルス対策ソフトがインストールできない端末の保守には多くの手間と時間を要してしまうものだ。

ある製造装置メーカーでは、納入後の保守業務の中で、「オフライン環境で稼動する制御端末のウイルス駆除」をより効率的に行えないか頭を抱えていた。というのも、これまでの駆除の工程は1,顧客先から自社のサービス拠点に持ち帰る、2,ウイルスを駆除、3,再び顧客先に戻り設置…と時間と手間がかかっており、サポート業務の効率を下げていたからである。

本資料では、同社が上記の課題を解決するためにインストール不要で、制御端末のUSBポートに挿すだけで、検索・駆除が行える「Trend Micro Portable Security 2TM」を採用し、業務効率と顧客満足度の向上につなげた事例を紹介している。
詳細は資料をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]