ホワイトペーパー

「AWSだけ」に限界を感じ、OpenStackでプライベートクラウド--その成功事例

デル株式会社(ESG) 2015年12月09日

本資料は、パブリッククラウド(AWS)での開発・テストに限界を感じていたソフトウェア企業が、安定したハードウェアでプライベートクラウド基盤を構築した事例解説です。

Red Hat Enterprise LinuxOpenStack Platform を稼動させるハードウェアとして、選定されたのは Dell PowerEdge、DellNetworking、Dell PowerConnectとなります。

事例のポイント(抜粋)

・本当の意味でのクラウドのメリットを享受できるネットワーク仮想化環境を構築
・パブリッククラウドのように急激なコスト増に悩まされることなく、コストを増やさずに開発テスト環境としての柔軟性を確保
・2年間ハードウェア障害なしに安定稼動でき、アメリカ、スペイン、ドイツ、イスラエルなどのグローバル拠点からも安定して利用可能
・ネットワーク仮想化ソフトウェアでクラウドの柔軟性を加速

同社担当者は、「クラウドを構築するときには、ネットワークも仮想化しなければ、本当の意味でのクラウドのメリットは生まれない」とも、振り返ります。詳しくはダウンロードしてご覧ください。

Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]