ホワイトペーパー

【活用事例】最小限のコストで最大のパフォーマンス--なぜコンバージド・インフラを選んだか

デル株式会社(ESG) 2016年07月01日

本資料は、ITの複雑性を低減し、必要な機能を一括で提供するDellの「コンバージド・インフラ」導入事例です。
文中で紹介する「Dell PowerEdge FX2」は、サーバ/ストレージ/ネットワーキングをコンパクトなシャーシに集約し、高密度なコンピューティング環境が実現可能となります。

登場する企業は、テクノロジーを駆使した映像制作の専門会社。数々の著名作品を手がける中、コストを最大限に押さえつつ、ソフトウェアの能力を最大限に引き出せる環境づくりを、常に差別化のカギとして意識しています。

「この業界は大変競争が激しいため、自分たちのITを、相当なまでにパワフルで価格競争力のあるものにし、マージンを確保したいのです」
こう語る同社の担当者。
進化の頂点に居続けながら新たな収益源を生み出すため、IT の複雑性を低減し、安定性を最大にすることが求められました。

高速なシステム処理に優れたIntel(R) Xeon(R) プロセッサーを搭載した高密度コンバージド・インフラ製品に得られた効果について、ダウンロード資料でより詳しくご覧ください。

最新のインテル® Xeon® プロセッサーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT 部門の課題解決を支援します。Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)