編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ホワイトペーパー

ビッグデータ分析の負荷軽減を実現する「データレイク」って何?

デル株式会社(ESG) 2017-08-03

企業や研究機関などのビッグデータ分析環境は、第2ステージとも呼べる段階に入っている。それは、「取り扱うデータと分析ニーズの多様化」だ。従来のビッグデータ分析では、分析の用途に応じてあらかじめデータの構造を設計して蓄積してきたが、それでは、新たな分析ニーズに迅速に対応できない。ビッグデータ分析は、単一のデータを利用した定型的なものではなく、あらゆる種類のデータを適宜利用する世界へと変貌してきている。

 そこで注目されているのが「データレイク」だ。構造化データも非構造化データもすべてオリジナルの構造のまま「湖」に保管しておき、分析ニーズに応じてデータを取り出しその都度解析を実施していく。データレイクでのデータ管理にはHadoopが提供する分散ファイルシステムHDFS(Hadoop Distributed File System)を利用することが一般的だ。

 本資料では、Dell EMC Isilonが提供するHadoopデータレイクソリューションを紹介している。Isilonのデータレイクは、HDFS環境に格納するために中継サーバを別に設置する必要がなく、分析データにそのままHDFSでアクセスできるのが特徴だ。ぜひダウンロードのうえ、詳細をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]