ホワイトペーパー

今後10年のIT基盤はサーバ主導で「情報駆動型」「自動化」へ--その具体的な選択肢

デル株式会社(ESG) 2017年12月04日

本資料は、Moor Insights&strategyのシニアアナリストが作成した、今後のサーバ選択の指針に関するガイドだ。

「今後は俊敏性の高いIT基盤が不可欠であり、基本的なリソースを大幅変更することなく、めまぐるしく変化するアプリケーションの要求に応える必要がある」と主張し、同時に警告もする内容だ。

「何年にもわたりコスト削減を行ってきた場合」「プラットフォームのテクノロジーが従来型である場合」などでは、あらゆるものが情報駆動型で自動化される環境に、追いつけなくなる公算が大きいというのだ。

そのうえで、
「今後数年は、ITの動きがサーバプラットフォーム標準の選択に向かっていく」
「その中で、出荷台数ナンバーワンのベンダーは間違いなくDell EMCになる」と展望。どのような価値基準や選択眼でサーバ投資を進めるべきか、製品例を挙げて記している。

具体例を挙げてみよう。例えば、拡張性の高いビジネス アーキテクチャにおける 3 つの主な要素は何だろうか。それは「現在のアプリケー ションを推進させるパフォーマンス」「シームレスな拡張が可能なスケーラビリティ」「将来のニーズへの適応性」だ。

では現実として、それはどのような環境、あるいはサーバなど個々の製品を指すのか。
詳細は、ダウンロードにてご覧頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)